お知らせ

2020.11.17

*塗装屋さんのマメ知識③*「施工するのは誰?」塗装業者の種類と特徴

「施工するのは誰?」塗装業者の種類と特徴

 

こんにちは。

今回は、「問い合わせ窓口と違う会社の人が見積もりに来たんだけど・・」「結局誰が塗るの?」というお客様からの質問がありましたので、塗装業者の種類と特徴についてお伝えします。

 

 

現在は、多岐にわたる業者が塗装の窓口となっていますが、大きく分けると2つに分けられます。

①「塗装を下請けに外注する会社」

②「塗装を自社で行う会社」

 

では、その2つは何が違うのか?それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

①「塗装を下請けに外注する会社」

こちらに分類されるのは、

・ハウスメーカー

・リフォーム会社

・家電量販店やホームセンター

・工務店(家を建てる会社)

・一括見積り比較サイト(ポータルサイト)

・訪問販売業者

などです。

 

特徴としては、

・中間マージン(手数料)が発生する

→下請けに専門業者を使う場合、営業や見積もり等の経費として手数料をとります。また、多くのポータルサイトでは、紹介料の他に契約成立後の報酬手数料も発生しています。

 

・専門的な知識が乏しい場合がある

→営業担当者はもちろん、自社に塗装のプロがいないので、ささいな質問や問い合わせに、早急な対応ができない場合があります。

 

・見積もりがワンパターンになりやすい

→下請けの専門業者が直接見積もりに行く場合もありますが、営業担当者が見積もりをする場合には、定型の見積書に面積を入力して計算したり、「一式」表記が多くなり、肝心の内容が不透明になりがちです。

 

ここでの注意点は、見積もり金額が安く適正価格であっても、確実に中間マージン(手数料)は発生しているという点です。その場合、実際に施工する下請け業者は、赤字を避けるため、やむを得ず手抜き工事をしやすい状況が生まれるため、安すぎる価格設定にも注意が必要です。

 

また、テレビCMなどで馴染みのあるような、フランチャイズ型専門店は、内容は地域の塗装専門店と変わりなく、自社職人が施工する場合もありますが、フランチャイズの看板料(ロイヤリティ)が発生しています。

 

しかし、①「下請けに外注する会社」がデメリットばかりかというと、そうではありません。

例えば、大手ハウスメーカーであれば、(ハウスメーカー⇒塗料メーカー⇒下請け業者)と経由が多く費用はかかるものの、下請けの業者の審査基準を厳しく設けていたり、クレーム対応が早い、などの安心感はあります。

 

一方、

②「塗装を自社で行う会社」

こちらは、地域の塗装専門店です。

大手に比べて知名度こそ劣りますが、塗装に関してはプロの集団なので知識や技術面でも安心です。

しかし、中には塗装専門店と謳っていながら、「協力業者」という言い回しで下請け業者の存在を曖昧にする仲介業者もいます。

今は、ホームページなどで簡単に自社施工かわかりますので、ぜひよく調べてからお問い合わせされるとよいと思います。

 

どの業者に問い合わせをしようか迷われた際には、手数料などの余分なお金もかからず、適正価格でプロの仕上がりが期待できる②「塗装を自社で行う会社」から選ばれることをオススメします。

 

以上、塗装業者の種類と特徴でした。

 

※ 現在、お客様からの質問を受け付けております。

「よくある質問」コーナー下部に「お問い合わせフォーム」がございます⇒お問い合わせフォーム (ページを開いて下にスクロールするとでてきます)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

PLAN TO PAINT THAT FITS YOU

contact

外壁、屋根塗装のことなら
なんでもご相談ください
無料相談・無料見積 SUNペイント

お問い合わせフォーム

tel:0584-82-1850

(電話受付 平日 9:00〜17:00)